小児歯科・小児矯正

お子様の歯の健康を守るために

お子様の歯の健康を守るために

初めての乳歯が生え、まわりの乳歯も生えそろい、そして抜け、永久歯に生え替わり……。お口の中は、成長に合わせて大きく変化していきます。たとえば、乳歯は永久歯よりやわらかいために虫歯になりやすく、さらに永久歯との混合歯列期にも、歯みがきがしにくいことで虫歯ができやすいといったことがあります。口元を健やかに保つには、成長に合わせた口腔ケアが大切です。

乳歯が虫歯だと、永久歯まで虫歯にしてしまうリスクが生じます。北九州市小倉北区・門司区の歯医者「オレンジ歯科 北九州院」の小児歯科では、こういったお子様のお口の特徴をふまえた適切な治療・予防をご提供します。また小児矯正も行っていますので、お気軽にご相談ください。

子どもの虫歯を防ぐ、子どものための予防歯科

子どもの乳歯はやわらかく、甘いおやつが大好きで、歯みがきはまだ自分でできない……など、子どものお口は常に複数の虫歯リスクを抱えているといっても過言ではありません。そこで当院の“子どものため予防歯科”では、お子様の虫歯を防ぎ、健康な永久歯への生え替わりをサポートする診療を行っています。

もちろん、お子様のお口の傾向や虫歯リスクをふまえた上で適切な予防処置を行いますので、虫歯の発症率を下げることが可能になります。当院で、一緒にお子様の虫歯と闘いましょう。

予防歯科メニュー
歯みがき指導

歯みがき指導

成長とともに変化し続けるお子様のお口の中。歯みがきも、それに合わせて変えていくことが必要です。そこで歯科衛生士が、一人ひとりのお口に合った正しいみがき方を指導します。ご家族の方には、仕上げみがきのコツをお伝えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

抗菌作用があり、歯の再石灰化を促す力のあるフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。定期的に行うことで虫歯菌が出す酸への抵抗力を高め、虫歯になりにくい強い歯をつくります。

シーラント

シーラント

奥歯にある深く複雑な溝には、食べカスが溜まりやすいのに歯みがきがしにくく、虫歯になりやすいという特徴があります。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)で溝を埋め、虫歯を予防します。

お子様の歯並びを正しく導く小児矯正

お子様が正しく噛み、話し、呼吸できる歯並び・噛み合わせを手に入れるには、自らの成長の力を利用できる小さなころから矯正治療を行うことが必要です。

適したタイミングで小児矯正を行えていれば、治療期間を短くできたり、よりよい結果を得られたりするほか、将来的に本格矯正を行うことになったときに歯を抜く確率を下げられたりするなど、多くのメリットを得られます。お子様の歯並び・噛み合わせが気になる場合には、お早めにご相談ください。

小児矯正メニュー
メタルブラケット

メタルブラケット

金属製で小さな「ブラケット」という装置を歯の表面に取り付けてワイヤーを通し、歯に力をかけて正しい位置に移動させていく治療法です。白い歯列の中で見た目は少し目立ちますが、もっとも一般的な治療法であり、多くの症例に適用が可能です。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

メタルブラケットと同じしくみで、白いセラミック製のブラケットを用いる治療法です。セラミックは歯の色に合わせることができ、比較的目立ちにくくなります。

舌側矯正(裏側矯正)

床矯正

ブラケットを、歯の裏側(舌側)に装着し、ワイヤーを通して歯を移動させる治療法です。表から装置が見えないため、治療をしていることに気づかれにくくなります。

床矯正

舌側矯正(裏側矯正)

取り外しできる入れ歯に似た装置を毎日一定時間歯に装着し、顎の大きさを広げる治療法です。歯がきちんと並ぶよう顎を広げることで、きれいな永久歯列を得られたり、もしその後本格矯正が必要となった際にも、抜歯の確率を下げられたりします。