矯正歯科

審美性・機能性を併せた、正しい歯並びを手に入れる矯正治療

審美性・機能性を併せた、正しい歯並びを手に入れる矯正治療

歯並びの乱れは見た目が気になるだけでなく、お口の中や全身にまでさまざまな悪影響を及ぼす原因になります。そこで、正しい歯並び・噛み合わせを手に入れることが必要です。

北九州市小倉北区・門司区の歯医者「オレンジ歯科 北九州院」の矯正歯科では、審美性はもちろん、機能性を十分にふまえた矯正治療を行っています。全顎治療の実績も豊富ですので、まずはお気軽にご相談ください。

歯並びが悪くなる原因とは?

歯並びが悪くなる原因には、まず遺伝が挙げられます。またほかにも、指しゃぶりや頬杖、爪やタオル、鉛筆などを噛むクセなどが影響していることがあります。もしお子様にこういったクセが見られる場合には、できるだけ早く直してあげましょう。

悪い歯並びが招くリスク

悪い歯並びを放置すると、次のようなリスクが招かれます。こういったリスクを排除するためには、矯正治療が必要だといえるでしょう。

  • 1. 歯みがきがしにくいため、虫歯歯周病になりやすくなる。
  • 2. 食べ物をしっかり噛み砕けず、胃腸に負担をかけてしまう。
  • 3. 空気の漏れ方や舌の位置が定まらず、発音に支障が出ることがある。
  • 4. 噛み合わせの乱れが骨格にゆがみを招き、全身のバランスを乱してしまう。
  • 5. 見た目が気になり、コンプレックスになってしまうことがある。

当院の矯正治療メニュー

メタルブラケット

メタルブラケット

金属製で小さな「ブラケット」という装置を歯の表面に取り付けてワイヤーを通し、歯に力をかけて正しい位置に移動させていく治療法です。白い歯列の中で見た目は少し目立ちますが、もっとも一般的な治療法であり、多くの症例に適用が可能です。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

メタルブラケットと同じしくみで、白いセラミック製のブラケットを用いる治療法です。セラミックは歯の色に合わせることができ、比較的目立ちにくくなります。

舌側矯正(裏側矯正)

舌側矯正(裏側矯正)

ブラケットを、歯の裏側(舌側)に装着し、ワイヤーを通して歯を移動させる治療法です。表から装置が見えないため、治療をしていることに気づかれにくくなります。

床矯正

床矯正

取り外しできる入れ歯に似た装置を毎日一定時間歯に装着し、顎の大きさを広げる治療法です。歯がきちんと並ぶよう顎を広げることで、きれいな永久歯列を得られたり、もしその後本格矯正が必要となった際にも、抜歯の確率を下げられたりします。